痛みも副作用も殆んど無い二重手術。アフターケアは?

切らない二重形成手術

ハーフタレントの活躍が最近注目されるなか、彼女たちの様にくっきりした目元になりたいため、多くの若い人が整形をしに来院する人数が年々増加しています。
二重の形成手術といえば、昔はメスを使って切開して、縫合するため、痛みや腫れ、出血を伴います何日か学校や仕事を休まないと行けません。そのイメージが強くて、なかなか美容整形を躊躇する人がいるのも確かです。しかし、今はメスを使わずに二重にする方法があります。まぶたに特殊な糸を通し、縛ることで二重を形成します。痛みや腫れはほとんどなく、日帰り手術でその日の内にメイクも可能な為、他人から整形したことがばれにくいです。この手術、アフターケアはどうすればいいのでしょうか。

アフターケアについて

この切らない二重形成手術をしたあとのアフターケアですが、術後1週間は酒やタバコを控えてください。血流の関係で、腫れや内出血を促進してしまいます。激しい運動も同様です。
帰宅後は目をこすったり力をいれないでください。術後、枕で頭を心臓より高くしてあげると、むくみが解消されます。また、もし腫れがきになる場合はアイス枕や冷却材で冷やすといいです。内出血の場合は、温めると内出血の後が早く消えます。また、腫れや内出血がある場合、無理にメイクをしないでください。傷跡から雑菌が入るためです。当日からメイクは可能なのですが、なるべく1週間は控えるようにしてください。正しいアフターケアをすれば、術後トラブルがなく綺麗な二重瞼を手に入れられます。医師の指示に従い、正しいケアをしてください。