二重手術の流れとは?

カウンセリングを受ける

二重手術を受けるまでの大まかな流れとして、まず第一段階に医師からの細かい説明とカウンセリングを受けることから始まります。
二重整形施術と一口に言ってしまっても、メスを入れてしまう「切開法」と呼ばれる施術なのか、糸で留めるタイプの「埋没法」なのかによって、施術にかかる時間、費用、施術後のダウンタイムまでそれぞれ変わってきてしまいます。主にまぶたに厚みのある方は「切開法」を薦められることが多く、実際にまぶたを医師が触診し、提案してくださることが多いようです。二重の幅やデザインなども細かく相談できるため、仕上がりのイメージがある場合などはこの際に相談しましょう。痛みが心配な方は、医院によってガスによる軽い麻酔などの相談にも応じてくれます。

実際に施術を受ける!

説明とカウンセリングを受けた後、施術に移ります。医院の込み具合等によっても変わってきますが、カウンセリングを受けた直後に施術を開始してくれる医院も多いです。
施術自体は糸で留める手法の「埋没法」であれば15分程度で終了する施術もあり、非常に短時間で二重を手に入れることが出来ますね。ダウンタイムも施術によっては非常に少なく、当日メイクをして帰宅できる腫れの少ない施術法もあるようです。これなら家族にバレずに憧れの二重を手に入れられそうですね。それに対し「切開法」は施術時間は約30分と、比較的長めになります。ダウンタイムも一週間程とる場合が多く、学校や仕事などの都合に合わせ片目ずつの施術相談が出来る医院もあるようです。